私とメールが出来ます

上記のバナーよりげん玉にご登録頂くとげん玉のサイト経由でメッセージのやり取りが出来ますので差支えなかったらご登録のうえメールをご利用頂けたら幸いです。

2009年03月20日

日経225先物ミニのメリット

個人投資家の間で人気となっている「日経225先物ミニ」のメリットについてまとめてみました。

@:流動性が高い
売買手口を見ると「外資系証券」と日経225先物ミニの取引に力をいれている「ネット証券」が多いことがわかります。ですので、外国人投資家を初めとした大口投資家から個人投資家までが幅広く参加しているマーケットですから、流動性が高く、買いたい価格で買えない、売りたい価格で売れないといったリスクが低いことになります。

A:ダマシが少ない
清算価格の算出に代表されるように、密接な関連性のある「日経平均株価」と「日経平均先物」という二つの指標が存在することから、価格の形成に必然性があり、個別銘柄のような仕掛けの対象になりにくい。

B:信用取引よりもコストが低い
・信用取引で必要となる買い方の金利、売り方の貸株料が不要。
・最低保証金額が10万円程度からで信用取引よりもかなり割安。

C:売買手法の多様化が可能
取引単位が「日経平均先物」の10分の1のため、同じ資金量であっても売買の手法をいろいろと変更することができ、利益の確定や損切りのコントロールが細かくできる。

D:値刻みが5円で有利
機動的な売買が可能となり、損切りの時でも「日経平均先物」と比較して実現損失が小さくなる。

以下に日経225先物ミニの取り扱いサービスが充実している証券会社のバナーを集めてみました。
クリックして頂くと各証券会社のページが表示されますので、宜しかったらご利用なさって頂き、無料の口座開設資料の請求もご検討なさってみて下さい。
 





タグ:IPO
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。