私とメールが出来ます

上記のバナーよりげん玉にご登録頂くとげん玉のサイト経由でメッセージのやり取りが出来ますので差支えなかったらご登録のうえメールをご利用頂けたら幸いです。

2008年03月21日

買付手数料無料の国内REITインデックスファンド

昨日は買付手数料が無料(ノーロード)のグローバルREITインデックスファンドを紹介しましたが、今回は同じく買付手数料が無料の国内REIT(J−REIT)インデックスファンドの紹介です。
これもマネックス証券で取扱っています。

「MHAM J−REITインデックスファンド(毎月決算型)」

信託報酬も年率・税込で0.6825%と割安みたいですが、信託財産留保額が基準価額の0.3%かかります。
(運用会社:みずほ投信投資顧問)

こちらもサブプライム問題の影響もあり、2007年夏以降、基準価格は下落基調となっていますので、いましばらくは様子見に徹したほうが懸命かもしれませんが、大底を確認した後の安値圏で購入できれば、中長期的な保有で分配金の恩恵に与れるかもしれません。

なお、ベンチマークとして東証REIT指数(配当込み)に連動するような運用スキームになっています。
ラベル:IPO

2008年03月20日

買付手数料無料グローバルREITインデックスファンド

マネックス証券で買付手数料が無料(ノーロード)のグローバルREITインデックスファンドを取扱っています。

「STAM グローバルREITインデックス・オープン」

過去に募集されたグローバルREIT型のファンド(投資信託)では、買付手数料が3%(税込み:3.15%)のものが大半だったのですが、アクティブファンドだったものをインデックスファンドにすることでノーロードを実現したようです。
(運用会社:住信アセットマネジメント)

また、信託報酬も年率・税込で0.861%と割安みたいです。

サブプライム問題の影響もあり、2008年1月の設定以来、基準価格は下落基調となっていますので、いましばらくモニタリングを続けながら、大底を拾うスタンスで検討してみるのがよいのかもしれません。

なお、ベンチマークとしてS&Pシティグループ・グローバルREITインデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース)に連動するような運用スキームになっています。
ラベル:IPO
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。